社内チャットで業務を円滑に行なおう|企業で採用されているシステム

MENU

専門会社と協力しよう

男女

社内管理で余裕を持とう

現在社会では多くの仕事があり、その仕事一つ一つが複雑につながっている。例えばある一つの製品を作る場合において、自社のみで完結して製造することは限りなく難しく、多くの会社が協力し合って一つの製品を作り上げている。そのため、現代社会では作り上げようとするモノごとに得意分野を持っている専門会社との連携が必要不可欠となる。専門会社と連携していく中で、重要なポイントは「情報共有」となる。情報共有といいても多くの内容があり、連携の目的、スケジュールや進捗、課題といったものがあげられる。その中でもスケジュール共有は非常に重要である。自社と専門会社を比較しても、モノを作り上げていくための時間間隔は異なる。自社がこの期間でできると考えていた場合でも専門会社の考えとは大きく差が出るケースも珍しくない。そのためお互いにスケージュールを共有することは非常に大切である。スケジュール共有にあたって、社外スケジュールと社内スケジュールの2つを管理する必要がある。まず社外スケージュールは連携先に提示するスケージュールや社会に提示するスケジュールとなる。こちらのは社外に提示するもののであるため、締め切りの遵守が求められる。自社の社会的信用にもかかわることから、絶対に守るべきものである。この社外スケジュールを遵守するために重要になってくるのが社内スケージュールである。社内スケージュールを立案する上でのポイントは遅延が発生することを前提として立案することである。社内でのトラブルや専門会社要因のトラブル、社外環境のトラブルなど遅延が発生する要因は多くある。そのため、各工程で余裕を持つことが大切である。トラブルが発生すればその余裕分で対応し、発生しなければ、より品質を高める時間にあてればよい。この余裕を持ったスケジュール管理をすることで、社外スケジュールを遵守でき、専門会社との連携をスムーズに行うことができる。

Copyright© 2018 社内チャットで業務を円滑に行なおう|企業で採用されているシステム All Rights Reserved.