社内チャットで業務を円滑に行なおう|企業で採用されているシステム

MENU

始まりは混乱が想定される

オフィス

早くから対応策を練る

平成31年の10月から実施される軽減税率という言葉は知っていても、その内容を詳細に知って今から対応策は万全でしょうか。特に食品を扱う業者は対象商品となるので、業務内容に影響が出るのを避けられません。具体的には消費税率が10パーセントに引き上げる代わりに、食品の一部が8パーセントのままで据え置きになるのが軽減税率です。その主な理由は全てを消費税10パーセントにすると、低所得者の負担が大きくなるという考えのもとに導き出されています。しかし実際に恩恵を受けるのは、高額な食品でも生活必需品であれば軽減税率の対象となり得るので低所得者よりも高所得者であるという意見が多いです。また嗜好品は軽減税率の対象外とされておりますが、店内で食するのか持ち帰るのかによるので支払う金額がかわってきます。同じ商品であるのに、どこで食べるかで支払う金額が違うというのは消費者にとっても店舗側にとっても負担です。例えばファーストフードの場合は、商品を注文すると同時にテイクアウトかイートインかを選択する必要に迫られます。それでも消費者にすれば支払う金額が増減するだけですが、店舗側は同じ商品なのに二つの税率を意識する必要が生じるのです。何でも始めてしまえば直に慣れてしまいますが、それでも最初は戸惑いと混乱が発生するのは避けられないでしょう。経営者や店舗の上層部は、従業員の負担を少しでも軽減すべく早くから対応策を練ることが重要です。ここで早期の対応策を打ち立てることで、店舗の内外からの評価も変わってくるでしょう。

Copyright© 2018 社内チャットで業務を円滑に行なおう|企業で採用されているシステム All Rights Reserved.